2017年04月26日

2泊3日のマナウス旅行 その2

2日目の観光の様子を。

アマゾン河ツアー船がPorto da Ceasaから朝9時発だったので、
ホテルをタクシーで8時に出発しました。
今回のホテルとツアーの船が出るCeasa港は、ちょうどマナウス市街の端と端で車で1時間弱かかります。
この時のタクシー運転手さん、飛ばしに飛ばしてすでにアトラクションの気分でしたが💦、
自分のスマホ内の、アマゾンの巨大な魚を釣った写真とか、
大きなワニ(の死体)を持っている写真とか見せてくれて、
さらに盛り上げてくれました(^^;

着いてから少し時間があったので、セアザ港に並ぶ魚屋さんを見物。
IMG_20170415_084722871.jpg
種類毎にきちんと並べている店もあれば、

IMG_20170415_084747755.jpg
ワイルドな店もありました。。。

この日のツアー船は4人で貸し切りだったので、昔乗ったことのある小舟を想像していたら、
DSC_2014.jpg
ここに並んでいるのと同型の、20人位乗れる立派な船でした!

スタートすると間もなく、
IMG_20170415_090558557.jpg
河川上のガソリンスタンドで給油。アマゾンツアー、3回目にして実際給油したのは初めてでした!
(見てはいましたが。。。)

そこから、まずは2河川合流点:Encontro das Águasへ。
IMG_20170415_091710258.jpg
コロンビアから来るネグロ川(手前の黒くコーヒー色に見える方)と、
ペルーからくるソリモインス川(奥のカフェオレ色の方)が合流し、
正式にはここから先をアマゾン河と呼びます。
流速・比重・温度に差があるので、合流してからも十数キロは混ざらずに2色に分かれて流れます。
(マナウスの街が面しているのはネグロ川で、その少し下流で合流しています。だからビーチも透明なこげ茶色。)


そこから、
IMG_20170415_094718567_HDR.jpg
川の上に家を建てて(というか浮かべて)生活している集落(学校や教会もあります)をぐるっと回ってから、


IMG-pirarucu.jpg
以前にも行ったPirarucuの養殖場で釣り体験。
アマゾンの巨大魚ピラルクの力強さは、知ってても思わず叫んでしまいました。。。
(それと、以前よりも養殖場が立派になっていて小屋も何棟もできていたことに驚きました。)


そのあと、
IMG_20170415_102604087_HDR.jpg
静かな河面の中を進んで行き、


ナマケモノをペットとして飼っている民家に行って赤ちゃんナマケモノを抱っこさせてもらい、
IMG_20170415_103203001 (2).jpg
(実はここにアナコンダもいて、首に巻いて写真撮ってる人もいたけど私たちは遠慮しました。。。
 指でツンツン触らせてもらいましたが思ったより柔らかかったです。)

また移動ののち、
DSC_2021.jpg
オオオニバス:Vitória-régiaの生息地へ。

DSC_2020.jpg
花も見れました!(白く咲いて、だんだんと濃いピンクに変わるそうです。)
以前見たのは、本流にあるペットボトルもぷかぷかしていた場所でしたが、
この場所は支流で奥まった場所にあり、木道が作られていてその上から見たのですが、
大きいものだと直径1.5m以上ありそうな立派なサイズでした。

木道で船まで戻る途中、中サイズのワニの頭も見れました。
(船頭さんが指を指す先を見ても、落ち葉そっくりでまったく動かないワニを見つけるのに苦労しました(;^_^A)


つづく。
posted by rurue at 08:05| Comment(0) | サンパウロからの旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする