2017年09月06日

犬連れRio旅行 準備編

さてさて準備編。
DSC_2675 (2).jpg

リオにもなか連れで行こうと決めてから、Booking.comで犬連れOKのホテルを予約し、
飛行機も犬を機内持ち込みする予約を取りました。
人間のチケットを取った後で、犬の予約を取ったのですが、
サービスセンターに電話申し込み、となっていましたが、電話でちゃんとできる自信がなかったので💧、
サンパウロ市内のCongonhas空港のLatamのカウンターまで出向いて予約してきました。。。

無事に予定の便の犬持ち込みの予約が取れて、その際に、この紙をもらいました。
latam.jpg
国内便で機内持ち込みする場合の注意事項とバッグのサイズの要点が書かれています。


必要書類としては、
・狂犬病予防接種の記録
・獣医による健康診断書
でしたので、

monaka vaccina.jpg monakaatestadosaude for blog.jpg
注射の際にもらう証明書↑と、出発数日前に近くのPet Shopの獣医さんに書いてもらった健康診断書↑
(興味ある人は拡大してね。)
を持って行きました。

出発時に再び予約を取ったLATAMのカウンターでもなかの往復分の料金を支払い、
チェックインカウンターで書類を見せて手続き完了でした。
セキュリティゲートはもなかはバッグから出して私が抱っこしてくぐりました。
機内は前の座席の下にバッグを置きます。

リオ到着後はタクシーでホテルへ。
今回のホテルはかなりちゃんとしているところだったのですが、
予約時に伝えてあったので部屋に入ると犬グッズが入った紙袋が置いてありました。
DSC_2677.jpg
水入れ、フード入れ、ペットシーツと犬用マット。マットの上の筒は、ビニール袋です。

DSC_2640.jpg
このマット、手触りも良く、どうみても新品だし、と思ってチェックアウト前に確認すると、
「部屋にある犬グッズは全部持ち帰って良いですよ〜」とのこと。
ありがたくマットとビニール袋を持って帰りました。


帰り、リオからサンパウロ便のチェックイン時にバッグの計量があって(サンパウロでは無かった。。。)、
さらにリオではこの書類にサインもしました。
monaka1708101.jpgmonaka1708102.jpg
表と裏です。
リオの方が正式な手続きをしてたのかな??


というわけで、さらっとですが犬連れの必要書類等々のお話でした。

ちなみに、、、
今回、もなか連れ費用が想像以上にかかりました💦
項目としては、健康診断書作成依頼費、LATAM国内線の機内持ち込み往復料金、ホテルの犬連れ別途料金。  
ホテルの別途料金が事前に問い合わせても返信がなく、まあ日本円で2~3000円かなと思っていたら結構したのと、
予約時に聞いていた飛行機の片道料金を往復と勝手に勘違いしていたのでその分が。。。💧


まあでも、
1503768023687.jpg
こんなリオっぽい?記念撮影なんかもして、飼い主的には良い思い出になりました。
posted by rurue at 23:55| Comment(0) | サンパウロからの旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする