2018年06月10日

Jornal Pet

サンパウロの街中のあちこちに見られる売店、Banca。
IMG_20180520_161720.jpg
日本の駅にあるキオスクみたいな小さなお店です。(↑このBancaは大きい方。)

犬連れでサンパウロに来てから、
IMG_20180520_161704.jpg
こんな張り紙や、

IMG_20180523_164307.jpg
こんなポスターが掲げられているのが目につき、

「ペット新聞??ペットのための新聞??ペット情報の新聞かな?」
と思ったりしたのですが、実態は、

IMG_20180523_162257.jpg

IMG_20180520_161711.jpg

IMG_20180523_160731.jpg

IMG_20180523_164252.jpg
こんな感じに古新聞を束にして、ペットのトイレやら掃除に使ったら〜?、と売っている話でした。
だいたい、2s位(厚さにして6-7p位)を1パックにして、R$10(約330円)前後で売ってます。

実際、犬の室内トイレをペットシーツではなく新聞紙を使っているご家庭も多く、
もなかが時々利用するペットホテルでも、
最初のカウンセリング時に「トイレは新聞派?ペットシーツ派?」と聞かれました。
知り合いの日系人のご家庭では、
シーツの上に新聞紙をひいて、汚れた新聞紙のみを取り換える作戦でした。

以前記事にしたけど、ペットシーツが高いからそうなのか、
新聞派が多くシーツ派が少ないから値段が高いのか、どちらが先かはわかりませんが、
新聞を取ってなくてもこんなものが売ってます。

上に載せた黄色いポスターには、ペット以外にも、
・家のペンキ塗り
・陶器やガラスの持ち運び
・機械いじり
・掃除全般
に、と書いてあります。
確かに、古新聞て無いと不便な場面ありますよね。。。
posted by rurue at 20:02| Comment(0) | サンパウロの犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする