2017年01月28日

夏の風物詩

・・・と言うには大変すぎる出来事なのですが、
DSC_1571.jpg

突然の土砂降りによって、街路樹が倒れて道路をふさぎ、
電線も切ってしまって付近一帯が停電、というこんな光景には何度も遭遇しています。

この時は、
DSC_1572.jpg
枝が折れたわけではなく、植え込みが立ち上がりごと倒れてしまってましたが、
強風によって幹が折れたり太い枝が折れたりしての通行止め&停電、というパターンが多いです。

先日は家の近所でも大木が倒れ、そこの通りはレストランやショップもすべて停電で営業しようにもできず、
店員さんも通りに出て倒れた木の撤去作業を眺めるしかなくみんなが作業を見てる、という場面を目撃しました。

すぐに作業の人たちが来て復旧に向けて動いてくれるのが常ですが、
停電が何時間も、場合によっては1晩以上続くこともあります。
新しいマンションはたいてい非常用に自家発電装置があって、
停電でもエレベーターと各住戸内も一部は電気が使えたりするのですが、
(以前住んでいたところが、停電でもエレベーターと各住戸内冷蔵庫用のコンセントを
 自家発電で生かしてくれて、とてもありがたかったです。)
今住んでいるところは古いので停電になるとすべての電源が使えなくなり、
エレベーターも止まり、家の中でも冷蔵庫の開け閉めは極力避けておとなしくすごすことになります。
この夏はこれまでに2回ほどそんな停電がありましたが、
幸いなことに2回とも夕方3~4時間程度の短い停電だったので助かりました。

ちなみに、、、
犬猫は人間よりも暗いところで目が利くので、我が家のわんにゃんも停電でも特に不自由はなさそうです(^^;
DSC_1611 (131).jpg
「え〜?見えないの〜??」とか思われてたりして💦
posted by rurue at 15:00| Comment(0) | サンパウロ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: