2016年07月31日

サンパウロのお散歩事情 水飲み編

今は冬のサンパウロ。
冬とは言っても天気の良い日中は30℃前後になることもあり、
朝ジャケットを着て出て行っても、昼間はそれを脱いでノースリーブでランチへ、
なんてパターンも。「1日の中に四季がある」と言われるのも納得です。

暑い時間だと、冬でもお散歩時に水分補給したくなることもありますが、
サンパウロの表参道的なAlameda LorenaやRua Oscar Freire等のお店の立ち並ぶエリアなら大丈夫。

DSC_0975.jpg
こんな感じに、お店の前に犬用の水を置いてくれているところがたくさんあるんです。
ちなみにこちらはオリジナルの石鹸やシャンプー、ハンドクリーム等々のお店(サイトはこちら→GRANADO)で、
DSC_0976.jpg
ガラス戸に書いてあるように店内は犬禁止ですが、水入れもテーマカラーに合わせた店名入りのオリジナルです。

こちらはジェラート屋さん。
1606 (6).jpg

もなかはいつも、水飲みのにおいを嗅いで飲まないパターン、、、(汗)
1606 (5).jpg
どこへ行く〜!?


DSC_0978.jpg
こちらも化粧品屋さん。

DSC_0977.jpg
ここはカフェもできるお菓子屋さん。
テラス席は犬OKですが、店内は入れません。
で、ここに、「あなたのお友達はここに(つないで)おいてね。」という看板と、
リードをつなぐものがつけられてます。

つなぐ場所の話でいくと、
DSC_0992.jpg
「犬の駐車場」なんて書いている店もあったり、

DSC_0967-1.jpg
「あなたのわんちゃんはここにつないで、ゆっくりお買い物してね。」的に書いてある薬局もあったり。
(下のコンクリートにちゃんと固定されています。)

ですが、声を大にしていいたいのは、
犬を外につないでお買い物するの、やめた方がいいですよ〜!!
ってこと。
サンパウロに犬連れで来てから、何人もの人から、
「犬泥棒がいて、盗んだ犬を売りさばいたりしてるから気を付けて!」という話を聞きました。
具体的に、「リベルダージのRua Garvão Buenoで、若いカップルの犬泥棒がいるから気を付けて!
かわいい〜、と近づいてきて抱っこして連れていく手口だって。」なんて話も聞きました。
真偽のほどは不明ですがそんなリスクを冒す気はありませんし、自分の犬を守れるのは飼い主なので、
私はやりません。
(そういえば、神戸でも犬泥棒がいるから気を付けろ、て話を聞きました。ひどい人たちがいるもんです。。。)



話がずれたついでにもう一つ。
サンパウロの歩道の別なリスクの話。
DSC_0801.jpg
サンパウロでは敷地前の歩道はそこの建物が掃除をするものらしく、マンションだったらマンションの、
商業ビルならそのビルの清掃係の人たちが、頻繁にお掃除しています。(車道は市の清掃員が掃除してるようですが。)
で、きれい好きなブラジルでは、歩道も洗剤や漂白剤でゴシゴシ洗うパターンが多く、
お散歩しててもこんな感じでアワアワだったり濡れてたりの場面に遭遇することも。
こんな時、小型犬の飼い主さんなら抱っこして、大型犬なら車道に出たり反対側に渡ったり、たいてい回避しています。
以前、前から歩いてきた犬連れの人に、
「この3軒先、漂白剤まいてあるから気を付けて。肉球がやけどしちゃうから抱っこして通りなさいね。」、
とアドバイスされたこともあります。
濡れている状態がどの段階か(洗剤等を使う前なのか後なのか、ただ水をまいただけなのか)わからない以上、
注意しないとです。

DSC_0803.jpg
「洗剤のにおいする。。。」
とか、犬はきっとお見通しでしょうけど。。。
posted by rurue at 18:25| Comment(2) | サンパウロの犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

復活!

またまたまたご無沙汰してしまいました。
前回記事がなぜか途中でUPされてしまい「えー?」と思ってたところ、
(まあいっか、と放置してたのですが(^^;)、
7月中旬に体調を崩し、高熱が出て病院に行ったらまさかの肺炎で。
10日程度の自宅療養を経て、ようやく完全復活です!

自宅療養中は、
DSC_1082.jpg
るるは私がベッドにいたら常に乗ってきて湯たんぽの役割を果たし、

DSC_1084.jpg
ソファに移ると今度はもなかが足元を暖めてくれる、

という日々でした(^^)。
今週ようやく完全復活を遂げたので、またボチボチ更新しまーす。
posted by rurue at 07:20| Comment(2) | サンパウロ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

サンパウロのお散歩事情 看板編

ゴミ箱編にも書きましたが、歩道にたくさんゴミ箱があるというのに、
わんこの落とし物がまだまだ多いサンパウロ。
DSC_0171.jpg
一応、サンパウロ市の条令で、
「飼っている動物のフンを回収し処分することは飼い主の義務です。」
と決められているようです。
こちら↑はとあるマンションの門に設置されていた看板ですが、
こんな感じで自衛手段としての立て札や張り紙等々、バリエーション豊かな一部をご紹介。

大は条令のようですが、小は違うようで、
東京のようにお散歩時に外でしたおしっこを持参の水で洗い流す習慣もなく、
自由にさせている飼い主さんも非常に多いので、そっちに対する看板も多いです。

DSC_0934.jpg
「私の庭をあなたの犬のトイレにしないでください」


DSC_0938.jpg
「お願い:あなたの犬のフンを拾ってください」


DSC_0107.jpg
「おしっこするの禁止」


DSC_0165.jpg
シンプルな絵バージョン。「禁止」の文字と犬のしてる最中の絵。


1606 (8).jpg
「あなたの犬に、植物におしっこさせないでください。(ご協力)ありがとう。」
あるお店の前の植え込みの手作り札。


DSC_0945.jpg
「注意:おしっこは私の葉を枯らせます。生き続けたい。
 (ご協力に)自然が感謝します。」



DSC_0986.jpg
こちらは犬への語りかけバージョン。
「犬の諸君、あなたの飼い主がこの場所をきれいに保つのを手伝ってください」


そしてこちらは英語・ポ語交じりバージョン。
1606 (27).jpg
「おしっこしないで!わんちゃん、お願い!」的な感じでしょうか。。。
めっちゃされてますけど(>_<)。


お店の前に出してある植木鉢や、マンション前の植え込み、門柱等は、
ほとんどいつもおしっこの染みが。
そんな感じなので、マーキング癖のあるわんこはあちこちに上書きが忙しそうです(汗)。

もなかもお散歩中、予兆なく(というか素早いモーションで)おしっこすることがあるので、
私はこちらでもペットボトルを持ち歩き一応流していますが、2回ほど声をかけられたことがあります。
(「流してるの?」と好意的に聞かれました。)



posted by rurue at 01:00| Comment(0) | サンパウロの犬事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

6月後半の日々

あっというまに7月。。。
サンパウロに来て3か月が過ぎました。

6月後半は、
1606 (18).jpg
こちらで習っているお花の教室の花展に参加。
花展前に1回しかお稽古に出席できなかったにもかかわらず(汗)、
こちらに来てからこの↑花器を入手していたので参加を決め、花材も先生におまかせで用意してもらいました。
チューリップ、くったりしちゃったけど3日間大丈夫かなー、と最終日の撤収に来てみると、

1606 (32).jpg
むしろピンピンしてたのには驚きました(^^;



また、インテリアのイベント「CASA COR」にも連れて行ってもらったり。
DSC_0157.jpg

DSC_0156.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0163.jpg
(これ↑はガレージだそうです。居心地良くてこもっちゃいそう。)
サンパウロのセレブなインテリアに触れてきました〜。
7月10日までの開催だそうです。詳しくは公式サイトでどうぞ。



そして我が家の一大イベントといえば、6月後半に船便が届いたこと!!
3月末に神戸で引っ越し荷物を出してから、航空便も1.5か月程度で届いたし、
船便が3か月かかってないのは早い方です。
ちょこちょこと片付けに追われていましたが、ようやく落ち着きました。
IMG_7946.jpg
おなじみのキャットタワーも無事に届いたよ〜。
posted by rurue at 20:20| Comment(2) | サンパウロ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする