2015年12月18日

犬への正しい挨拶の仕方

犬との暮らしに必要、というより、すべての人に知って欲しいこと。
特に、犬が好き、という人がしてしまいがちな接し方は、
多くの犬は好きじゃない方法だったりします。


わかりやすいポスターをご紹介しますね。

4884331458_d73b1ba6ba_b.jpg


作者・イラスト:Lili Chinさん http://doggiedrawings.net/
でダウンロードできます。作者を表示すること、営利目的でないこと、改変しないことが利用条件となっています。
でご確認ください。)



「正しいあいさつ」のところには、
・犬の目をじっと見ない
・犬から近づいてくるのを待つ
・犬に対して横向き、もしくは背中を向ける(敵意がないことを伝える姿勢)
・なでるときは、犬の顔や体の側面か背中をやさしくゆっくり

と書いてありますが、もう一つ、
最後の「なでる」の前に、

・手をグーにしてゆっくり低い位置に差し出し動きを止め、犬にあなたの匂いを確認してもらう。

というのも入れたいところです。
匂いを嗅いでも逃げたり離れたりしない場合には、
匂いを嗅いでもらったその手で、犬の首の前や横をやさしくゆっくりなでてもいいのかなと。

決して頭の上を正面から撫でようとしないでください。
イヌ科全般の話として「前方上からくる物体は脅威」と刻み込まれているものだそうです。
上から狙ってくる猛禽類等への対応策がスタートだとしても、そんなわけで、
上から急に手が降りてくる、というのはよっぽど慣れていないと怖いもののようです。


また、「やさしくゆっくり」というのもポイントで、
よくワシャワシャ激しめに触りたがる人もいますが、
例えばその人の犬がその人にその触り方をされるのが好きだとしても、
目の前の犬はその触り方が好きではない、ましてや初対面の人に手荒に撫でられるのは嫌い、
ということも大いにあります。
そう、むしろ、犬を飼っていたもしくは飼っている人ほど犯しがちなこと、とも言えるかもしれません。


そのあたりは人間と一緒で、人によってその個体によって好みは違うし、
同じ動作でも、親しい大好きな人にされるのと初対面のよく知らない人にされるのとで受ける印象は変わります。
ちょっと前のCMにありましたが、「壁ドン」とかだって、
好きでもない会社の上司にされても不快なだけですよね。
(「顎クイ(顎をクイっと持ち上げられる)」の方が、よりイメージしやすいかも?
 どちらも、知らない人にされたらただただ恐怖です!)

なので、家にいる(もしくは以前いた)犬がその撫で方を好きでも、
イコール犬全般を同じように撫でていい、ということでは無いのです。


特に人好きな小型犬を連れていると、正しくないあいさつをしようとする人にちょくちょく遭遇します。
その場合は、飼い主が「それだと犬が怖がるからやめてくれ!」と相手に伝えることで、
愛犬を守る必要があると思います。(言い方は、相手のことを考えてもう少し変える必要があるにしても。)

私の場合は、そういった相手に遭遇して逃げられない時には、
「この子、下からなでられるのが好きなので下から首元を撫でてもらえますか?」と声をかけます。
もなかは人好きなので、「かわいいね〜」なんて立ち止まって言われると、
自分から近寄って行きたいタイプですが、近寄った相手に正しくない挨拶をされ続けたら、
知らない人を警戒してキライになってしまうことも十分考えられるのです。

警戒する→吠える・唸る→でもリードで逃げられない→やめて欲しくて咬む、
まで行くことだってあるでしょう。

そもそも、お散歩している犬がみんな人が好きとは限らないし、
犬をやたらに撫でようとするべきでないのはもちろんですが、
飼い主さんが許可してくれたとしても、上の「正しいあいさつ」の仕方で、
犬が近寄ってこなかったら「そんな気分じゃないのね、ごめんごめん」と理解することが大切だと思います。

そして、飼い主の立場だったら、自分の犬の不快なサインを見逃さずに、
下がったり避けたり居心地悪そうな気配が見えたら、いくら相手が犬が好きで触りたがっても断ることも必要です。

昔は私も犬と目を合わせて近寄ってしまっていたクチですが(汗)、犬のことを学ぶ中で昔の自分を反省しつつ、
犬を飼っていない人はもちろん、飼っていてもこのことを知らない人が多いことを実感しています。
ぜひぜひ多くの人に知って欲しいです。
続きを読む
posted by rurue at 07:50| Comment(2) | 犬との暮らしに必要なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

海〜!

こちらも先月ですが、
三ノ宮からJRで15分、須磨駅目の前の須磨海岸に行ってきました。
DSC_0122.jpg

どの位目の前かというと、
DSC_0109.jpg
駅を降りたらすぐ砂浜!
(最初の写真にもホームに停まる電車が写ってます。)
以前行った須磨海浜公園よりも圧倒的にアクセスがいい!

季節外れの砂浜は、人もまばらでほぼ貸切状態。
DSC_0117.jpg
風が時折強く吹いたけど、

DSC_0118.jpg
お構い無しで砂浜を楽しみました〜♪



砂浜じゃなくて港なら、普段からよく行きます。
DSC_0049.jpg
港の犬〜♪
(乗りたそうにしたので乗せてみました。)

DSC_0046.jpg
海風を背で受けるバージョン。

港なので船をつけるため柵は無く、この車止めしかないのですが、
IMG_7311.jpg
隙間があると外側を歩きたいもなかです(汗)。
(この時は、お友達がリードを持ってたので写真撮影。一人だとそんな余裕無し。。。)
posted by rurue at 16:45| Comment(0) | 犬とお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

須磨浦山上遊園

あっという間に12月。
先月の出来事がまだUPできてない〜〜、
ので、せっせと行きましょう。。。

三宮から各駅でも30分弱の、須磨浦公園駅からロープウェイで登る須磨浦山上遊園ですが、
こちらのロープウェイも、キャリーバッグに入っていれば犬OKと聞いて行ってきました。

駅と直結しているロープウェイの下駅にて。
DSC_0008 - コピー.jpg
このバッグがもなか入りです(^^)

登る途中はこんな感じ。
DSC_0010.jpg


DSC_0011.jpg
瀬戸内海と紅葉した森が見えました♪

ロープウェイを上ると、すぐにカーレーターという乗り物があるのですが、
説明文にもある通り、「ゴトゴトと」かなりの大音量で、犬連れ的にはう回路で。
DSC_0020 - コピー.jpg
山歩き的な雰囲気を楽しめます♪
(しかも、傾斜も緩やか。)

登った先で一休みした後は、さらに上って降旗茶屋へ。
DSC_0031 - コピー.jpg
ブレブレ〜(汗)


登った先では、
DSC_0021 - コピー.jpg
休憩ベンチでまたまた一休み。

反対側は、
DSC_0023 - コピー.jpg
淡路島と明石海峡大橋を見ることができます。

斜面は危ないのでロープが張ってあるのですが、
DSC_0027 - コピー.jpg
「あぶない ロープより前に出ないでください」
とのことですが、ロープを超えなくても際まで行ってしまうと、
犬には「ひっつき虫」(=草の種)が大量に付くのでご注意を〜!
センダングサ系のひっつき虫がかなりひっつきました(汗)


帰りに展望台から記念撮影〜
DSC_0037 - コピー.jpg
「ま、まぶしい〜」


この日はお天気が良かったおかげで、
DSC_0033 - コピー.jpg
須磨の海から神戸、大阪まで見渡せました〜♪
posted by rurue at 19:35| Comment(2) | 犬とお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする